当社は1989年から日本国と研修生事業を協力し始めて、1992年に中日研修協力機構のメンバーになり、中日研修協力機構の25社理事機構の一つにもなっています。日本国際研修協力機構(JITCO)が作成した中国送り出し機関の順位表では、当社の順位が上位にあります。

当社は主に日本政府に許可された業界へ技能実習生と技術スタッフを派遣しています。既に30あまりの都道府県へコンピューター技術スタッフ、コック、電気機械エンジニアなど専門技術のある人材と裁縫、布織り、水産加工、食品加工、機械加工、金属加工、板金、建築、印刷、製本、熔接、電子組み立て、機械、家具製作、メッキ、プラスチック成型、塗装、工業包装、石材加工などの職種に従事する実習生を送り出しました。毎年日本へ延べ2000人ぐらいの技能実習生を派遣しています。

30数年の技能実習生の派遣の歴史を振り返って見れば、忠誠と勤勉で、規律をよく守り、苦労に耐え我慢強いのが煙台技能実習生の特徴です。これらの特徴で、受け入れ企業と組合より好評を博してもらいました。当社はきびしく、基準通りに候補者を選び出し、そして、事前教育と出国後の管理も徹底して取り組んでいますので、受け入れ企業と日本、中国の関係機構より高い評価を受けており、同時に、実習生本人および両親にも満足してもらっております。

当社が送り出している技能実習生には次の特徴があります。
① 受入企業の経営、管理、人および周辺環境が比較的よいことである。
当社の実習生を初めて受入れる企業に対して、実習生が日本へ赴く前に、担当者を日本へ行かせて、仕事や生活条件および周辺環境について確認しています。明らかに問題があって、なおかつ改善できない企業に対しては、派遣しないことにしています。 いままで当社と提携してきた企業は倒産することがないようです。

② 人間味のある管理を実行すること。

当社は日常管理のほかに、次の措置を取って管理を強めます。

一つは駐日本国事務所が協力することです。当社はいま日本では日本支社の他、東京、大阪、名古屋、福岡、鹿児島、広島、北海道、仙台、金沢などの十ヶ所で駐日本国事務所を設置しております。地域によって、在日の6000名以上の実習生の管理を実施しております。そして、日本の受入機関が実習生を連絡、管理、調和することに協力します。

二つ目は実習生を定期的に激励に行くことです。一般的に当社の幹部、あるいは業務担当者が毎年少なくとも2回ほど受け入れ企業も訪問して、アドバイスを聞いたり、実習生を激励しています。実習生達の思想問題を説得して解決しながら、実習生からの意見を聞いたり、実習生と企業の関係を改善したりしています。

三つ目は実習生リーダーを派遣することです。日本語が分かる、管理ができる社員を受入機関或いは企業へ派遣して実習生管理の協力をすることです。実践では、効果が大変よいです。

   

   

日本の受入機関、受入企業と実習生業務を提携することを心より歓迎しております。
志をもっている方が、当社或いは関連人材センターに応募することが心より歓迎しております。
外国で実習することは、家庭の経済状況を変えられるばかりでなく、実習生の将来をも変えます。
外国で実習することは、より一層の素晴らしい人生を作り上げます。
一人の出国で、家族も受益。
三年の実習で、一生の受益。

© 煙台国際経済技術合作集団有限公司 版权所有 2015 - 2016 All Rights Reserved.
住所:中国山東省煙台市莱山区宝源路12号 電話:0086-535-6910801 6910802
E-mail:nc.ds.ttpty.cilbup@ccteiy